DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 16, No. 1 >

「家族看護学ワークショップin長崎」の開催概要とその評価


File Description SizeFormat
igaku16_01_12_t.pdf457.88 kBAdobe PDFView/Open

Title: 「家族看護学ワークショップin長崎」の開催概要とその評価
Other Titles: Report and Evaluation of "Family Nursing Workshop in NAGASAKI"
Authors: 宮下, 弘子 / 宮原, 春美 / 半澤, 節子 / 鷹居, 樹八子 / 浦田, 秀子 / 大石, 和代 / 岩永, 喜久子 / 岩木, 宏子 / 辻, 慶子 / 中尾, 優子 / 中尾, 理恵子 / 荒木, 美幸 / 佐々木, 規子 / 野村, 亜由美 / 岡田, 純也 / 志水, 友加 / 石原, 和子 / 寺崎, 明美
Authors (alternative): Miyashita, Hiroko / Miyahara, Harumi / Hanzawa, Setsuko / Takai, Kiyako / Urata, Hideko / Oishi, Kazuyo / Iwanaga, Kikuko / Iwaki, Hiroko / Tsuji, Keiko / Nakao, Yuko / Nakao, Rieko / Araki, Miyuki / Sasaki, Noriko / Nomura, Ayumi / Okada, Junya / Shimizu, Yuka / Ishihara, Kazuko / Terasaki, Akemi
Issue Date: Jun-2003
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2003, 16(1), p.71-77
Abstract: カナダカルガリー大学のロレイン・M・ライト博士を迎えて平成15年1月に開催した「家族看護学ワークショップin長崎」について報告した.210人の参加者のもと,ライト博士の講演と日本における事例紹介のプログラムで行った.参加者の反応は非常に良好であり,このような方法でのワークショップは効果的であったと考える.今後は参加者から寄せられた「事例検討会をもってほしい」という要望や,コミュニケーション技法についての研修希望にどのように応えていくかが課題である.
Keywords: カルガリー家族看護モデル / ビリーフ / 会話 / 円環パターン
URI: http://hdl.handle.net/10069/18006
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 16, No. 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18006

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace