DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 16, No. 2 >

生活習慣と健康についての中学校保健学習-行動変容の認識を高める実践授業から-


File Description SizeFormat
igaku16_02_04_t.pdf544.66 kBAdobe PDFView/Open

Title: 生活習慣と健康についての中学校保健学習-行動変容の認識を高める実践授業から-
Other Titles: The School Health Instruction of Relationship between Life-style and Hearth among Junior High School Students
Authors: 中尾, 理恵子 / 山岡, 裕子 / 田原, 靖昭
Authors (alternative): Nakao, Rieko / Yamaoka, Yuko / Tahara, Yasuaki
Issue Date: Dec-2003
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2003, 16(2), p.31-37
Abstract: 中学生を対象に,自分の健康を考え実践できる力を身に付けるということを意図して生活習慣と健康についての保健の実践授業を行った.実践授業においては,ブレインストーミングなどを活用し,生徒の持っている知識の整理や意味付けを行い,行動化までを含めた認識へと深めたいと考え授業展開を行った.その結果,学習前から生徒は情報としての知識は持ってはいるが,偏りがあったり誤ったものであり,学習において知識を整理して補足修正し意味付けを行うことで理解や納得をともなった認識になるということがわかった.また,学習を興味深い,おもしろいと感じ,自ら考えることができるためには,学習の展開方法にブレインストーミングや実験,ロールプレイなどを取り入れ工夫していくことが有効であった.
Keywords: 中学生 / 保健教育 / 生活習慣 / 認識
URI: http://hdl.handle.net/10069/18011
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 16, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18011

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace