DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医学部保健学科紀要 > 第16巻 第2号 >

本学の小児看護学実習における受け持ち小児の治療処置と看護学生の看護経験の変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
igaku16_02_11_t.pdf193.43 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 本学の小児看護学実習における受け持ち小児の治療処置と看護学生の看護経験の変化
その他のタイトル: What changes occurs on the students' experience at the child nursing practice in our college
著者: 宮下, 弘子 / 宮原, 春美 / 山崎, 真紀子 / 佐々木, 規子
著者(別表記) : Miyashita, Hiroko / Miyahara, Harumi / Yamasaki, Makiko / Sasaki, Noriko
発行日: 2003年12月
引用: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2003, 16(2), p.73-76
抄録: 本学の小児看護学病棟実習において,学生が受け持つ小児の看護処置内容にどのような変化が見られているのかを知る目的で,小児看護学実習の状況を分析した.平成10年度と平成14年度の小児病棟実習において学生が受け持った小児を疾患別,治療処置別に集計し比較した.その結果,疾患においては,平成10年度では学生が受け持つ小児の疾患に比較的広がりが見られたのに対し,平成14年度では腫瘍性疾患と腎疾患で8割を超えていた.治療処置では,いずれの年度でも経口与薬が最も多く,次いで持続点滴であったが,その他の治療処置は平成14年度では非常に限局していた.
キーワード: 小児看護学実習 / 治療処置 / 看護技術
URI: http://hdl.handle.net/10069/18018
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第16巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18018

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace