DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 17, No. 2 >

回復期リハビリテーション病棟における看護チームと多職種間との連携-脳出血後の欝症状を呈する患者への関わりを通して-


File Description SizeFormat
igaku17_02_10_t.pdf612.26 kBAdobe PDFView/Open

Title: 回復期リハビリテーション病棟における看護チームと多職種間との連携-脳出血後の欝症状を呈する患者への関わりを通して-
Other Titles: Correlation between Nurse and the other medical stuff in the recovery stage rehabilitation ward of our hospital. Depressive feeling in the post stroke patient. A case study.
Authors: 山口, 多恵 / 松尾, 理佳子 / 福江, まさ江 / 浦田, 秀子 / 西山, 久美子
Authors (alternative): Yamaguchi, Tae / Matsuo, Rikako / Fukue, Masae / Urata, Hideko / Nisiyama, Kumiko
Issue Date: 28-Dec-2004
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2004, 17(2), p.59-64
Abstract: 脳出血後リハビリテーションを目的に転入した患者に対し,転入時の合同初診により介助方法の統一,目標の設定を行った.その後,カンファレンスを重ね患者の状態に合わせた計画の立案・実施・修正を行った.その過程で患者が鬱病を併発したためチームで患者の精神状態に合わせた援助方法を検討し関わった結果,自宅退院を実現することができた. このような患者への援助において,チームの中で病棟生活を預かる看護師に課せられた責任は,患者の変化を細かく観察し正確に多職種に伝えることにあった.また,チーム全体がその情報に基づき援助内容を検討し,退院を導いていく看護師の主体的なアプローチの重要性を認識した.
Keywords: 回復期リハビリテーション病棟 / チームアプローチ / 看護師の主体性 / 脳出血後の鬱状態
URI: http://hdl.handle.net/10069/18056
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 17, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18056

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace