DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第1巻 >

Premovement Cerebral Potentials Preceding Voluntary, Self-Paced Foot, Toe and Finger Movements in Man.


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou01_00_03_t.pdf649.94 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Premovement Cerebral Potentials Preceding Voluntary, Self-Paced Foot, Toe and Finger Movements in Man.
その他のタイトル: 自発的な足,足趾,手指動作に先行する運動前脳電位
著者: Nishihira, Yoshiaki / Araki, Hideo / Ishihara, Akihiko / Yagi, Yasuo
著者(別表記) : 西平, 賀昭 / 荒木, 秀夫 / 石原, 昭彦 / 八木, 康夫
発行日: 1988年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.31-42
抄録: 本論文において著者達は,随意的な手動作に先行して動作肢と反対側大脳半球上で優位を示す大脳準備電位(RP)が下肢や足指動作の場合も同じ分布を示すかということを,加算平均されたEEG,EMGを用いて調べた。その結果,下肢や足指動作に先行して出現する大脳準備電位は動作肢と同側大脳半球上で優位を示す傾向にあったが,統計的には有意ではなかった。一般的に,下肢や足指の投射領域は大脳縦裂にそった深部にあり,手の領域は中心回の内部に埋もれていると考えられている。MEG(magnetoencephalgraphic)記録も下肢や足指動作に先行する大脳準備電位は動作肢と同側半球上で優位を示すことを確認している。それゆえ,本実験結果や今までの一連の研究から,手と下肢,足指動作間の大脳準備電位の頭皮上分布差は,大脳半球上での支配領域の差ではなく,大脳準備電位発生に関与していると推測されている二つの発生源の時間的な差によるものであると推察される。 / Whether the Readiness Potential (RP) prior to foot and toe movements shows a larger amplitude over the hemisphere ipsilateral to the movement was examined by the averaged EEG and EMG. Analysis showed that prior to foot and toe movements, the RP amplitudes were slightly larger over the ipsilateral hemisphere than over the contralateral hemisphere to the movement, but not consistently significant. The RP for finger movement, however, was clearly larger over the contralateral hemisphere to the movement. It is considered that the project area of the lower limb is situated in the depth along the fissure longitudinalis and that of the hand area lies mainly buried within the central sulcus. The MEG (magnetoencephalographic ) recordings of other studies did not show the paradoxical EEG side preponderance with respect to the RP prior to the foot movement. Therefore, from the recent studies and the present results, it is concluded that the distribution difference between the RP for foot and finger movement was not due to a control difference of the cerebral hemisphere between foot and finger responses, but to the difference of temporal ordering of the principal generators which might contribute to the RP constitution.
キーワード: Premovement potential / CNV / Readiness potential / EMG / Voluntary movement
URI: http://hdl.handle.net/10069/18066
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18066

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace