DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第1巻 >

在宅痴呆老人のデイケア活動の検討-神戸市須磨区での実施例から-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou01_00_06_t.pdf671.38 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 在宅痴呆老人のデイケア活動の検討-神戸市須磨区での実施例から-
その他のタイトル: Usefulness of Day Care Service for the Home-Staying Demented Aged
著者: 平尾, 一幸
著者(別表記) : Hirao, Kazuyuki
発行日: 1988年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.67-75
抄録: 老人医療問題において,痴呆老人対策が大きな課題となりつつある.専門の病院や施設などで様々な取り組みがおこなわれているが,痴呆老人の大半を占めるといわれる在宅者に対しては援助システムも不十分な現状である. 昭和61年1月,神戸市須磨保健所を中心にして「在宅痴呆老人デイケア」が開始されたが,著者はその運営スタッフとして計画時点よりかかわった.デイケアははじめは月1回から月2回へ,会場も参加家族間の持ち回りから地域公民館へと変わっていった.内容はデイケアということもあり治療的な要素より集団活動を通して諸機能の維持をはかることであった.そのためプログラムも老人が無理なく参加でき全員で楽しめるものを毎回工夫した.当初は痴呆老人本人への働きかけとして実施していたが,結果的には老人のみならず介護者の意識や生活までもサポートできた.そういった老人と介護者の変化は,具体的には①老人の表情や集中性の変化,②介護者の生活時間を一般主婦などと比較することで確かめられた.このことから,在宅痴呆老人に対してデイケア活動という援助体制は効果的であると考えられた. また,実際におこなわれている他の援助体制についても考察した. / Increas in the number of demented aged has become an object of social concern. The incidence rate of demented persons is estimated to be 3.1 to 5.8% of persons over the age of 65. There are many (several) hospitals and institutions which are trying to treat and rehabilitate these demented aged. However, the support system for the home-staying demented persons is not yet sufficient in japan. Suma public health center in Kobe has started a day care service program for the home-staying demented persons in Jan. 1986. The constituent staffs were organized by public health nurses, caseworkers, a medical doctor, an occupational therapist and volunteers. A total of 14 home-staying patients participated in this program. Finally, 8 patients and their families who consulted with us more than 7 times according to the program were used for this study. Through this study we observed that many demented aged showed a remakable emotional and social improvement and their families became more active and cooperative in the management of them than before the start of this program. The result in the present study indicates that our day care service program was a useful support system for the home-staying demented persons and their families.
キーワード: 老人 / 痴呆 / デイケア / 地域保健活動
URI: http://hdl.handle.net/10069/18069
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18069

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace