DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 1 >

看護過程の展開能力に関する学生の現状-第一回生の臨床実習をふりかえって-


File Description SizeFormat
iryou01_00_12_t.pdf368.72 kBAdobe PDFView/Open

Title: 看護過程の展開能力に関する学生の現状-第一回生の臨床実習をふりかえって-
Authors: 谷川, 美保子
Issue Date: 31-Mar-1988
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.129-133
Abstract: サイエンスの方法としての問題解決技法は,情報を集め,分析し,問題を確認し,仮説をたてて検証し,結論を得る.このシステムは看護過程(Nursingprocess)として,病人に起こっている問題の改善や解決をめぐるケアを提供するための枠組であり道具として看護に採用されるようになり普及して来たが,学生が看護を学ぶ手段としてもその有効性が検証されようとしている. 第1回生の臨床実習の中心課題を看護過程の展開におき実施したので,学生の看護過程展開能力の実状を調査してみた.その結果,学生は専門職業人としてはドレフェスのいうビギナーのレベルにあることがわかった.
Keywords: 看護過程 / 問題解決技法 / ビギナー
URI: http://hdl.handle.net/10069/18075
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18075

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace