DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第1巻 >

臨床実習における指導上の課題-学生の専門職看護婦に対する認識をとおして-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou01_00_15_t.pdf322.23 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 臨床実習における指導上の課題-学生の専門職看護婦に対する認識をとおして-
著者: 勝野, 久美子 / 草野, 美根子 / 朝長, まり子 / 中古賀, 明子 / 中島, 規子
発行日: 1988年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.145-148
抄録: 3年間の看護基礎教育の中で,およそ10ケ月に及ぶ臨床実習の意義は大きい.当学科では,専門職としての能力を備えた看護婦の育成を目指し,より効果的な実習が展開できるよう努力している.その一端として,臨床実習を終了した学生に対し,専門職看護婦としての認識を問い,グループワークをとおして自己啓発の機会を設けた. 本稿では,その際個々の学生が具体例として記入したラベルを収集,分析し,臨床実習指導の視点から考察を加えた.結果として,学生は看護婦としての未熟さを「技術」の不足として捉えていた.その中で,コミュニケーション技術を主とした「精神的援助」が最も多く,次いで「注射」「清潔操作」に対し不安を抱いていることが分かった.学生の認識上の問題として,技術偏重の傾向も危惧され,技術項目の精選,知識・技術・態度のバランスのとれた教育の必要性を確認した.
キーワード: 臨床実習 / 専門職看護婦
URI: http://hdl.handle.net/10069/18078
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18078

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace