DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第1巻 >

老人における下腿切断のリハビリテーション-義足装着が因難であった症例を通じて-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou01_00_17_t.pdf2.6 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 老人における下腿切断のリハビリテーション-義足装着が因難であった症例を通じて-
著者: 中野, 裕之 / 穐山, 富太郎 / 池田, 定倫 / 加藤, 克知 / 田原, 弘幸 / 千住, 秀明 / 鶴崎, 俊哉 / 井口, 茂 / 武次, 大介 / 浜村, 明徳 / 吉田, 佳弘 / 宮原, 勝彦
発行日: 1988年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.153-158
抄録: 末梢循環障害を原因とする切断は治療期間が長期化し二次的合併症を起こしている,さらに高血圧,糖尿病,心不全など積極的に歩行訓練を行うにはリスクが高い.また片麻痺との重複障害のものなどは義足装着が困難である.今回,多くの合併症を持つ老人切断者を歩行可能にし在宅生活へ復帰させることができた.これらの症状を通じ,義足の工夫,義足装着訓練の方法について報告した.また,老人切断者の歩行の意義についても考えてみた.在宅での生活レベルの維持を含め老人切断者のリハビリテーションについて考察を加えた.
キーワード: 下腿切断 / 片麻痺 / 合併症 / 義肢装着訓練 / 末梢循環障害
URI: http://hdl.handle.net/10069/18080
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18080

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace