DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第1巻 >

脳性麻痺児の呼吸曲線からみた分析-主に歩行能力から-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou01_00_18_t.pdf236.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 脳性麻痺児の呼吸曲線からみた分析-主に歩行能力から-
著者: 鶴崎, 俊哉 / 田原, 弘幸 / 千住, 秀明 / 中野, 裕之 / 井口, 茂 / 池田, 定倫 / 穐山, 富太郎 / 加藤, 克知 / 武田, 康男 / 小塚, 直樹
発行日: 1988年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1988, 1, p.159-162
抄録: 脳性麻痺(以下CPと略す)児の多くは,呼吸機能の障害を有している.今回我々は,6才から15才までのCP児20名(うち痙直型群10名,アセトーゼ型群10名)を対象として,その安静呼吸時の鼻部及び腹部での呼吸パターンを背臥位と椅座位に於て取り,1回換気時期間中の呼気時間の占める割合を,歩行能力により,独歩群,杖歩行群,歩行不能群に分類して検討した. 正常な安静呼吸は,横隔膜の収縮による吸息と,このとき生じた胸郭・腹壁等の偏位の弾性的復元力による呼息よりなっており,姿勢の変化により重力の影響を受ける.CP児では,姿勢による呼吸パターンの変化が病型・歩行能力等によって異なっており,他の因子の影響が考えられる他,歩行能力によってそれらの因子の影響の強さが変化していると考えられた.よって,CP児の呼吸パターンと歩行能力を単純に関係づけることは困難であるが,一つ一つの因子を追って行くことで両者の関係を明確に出来ると考える.
キーワード: 脳性麻痺 / 呼吸 / 歩行
URI: http://hdl.handle.net/10069/18081
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18081

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace