DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第2巻 >

The True Factor Responsible for Femoral Neck Fracture


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou02_00_05_t.pdf445.42 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: The True Factor Responsible for Femoral Neck Fracture
その他のタイトル: 大腿骨頸部骨折の発生に関与する真の因子について
著者: Ikeda, Sadamichi / Ralis, Zdenik A.
著者(別表記) : 池田, 定倫 / Ralis, Zdenik A.
発行日: 1989年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1989, 2, p.47-56
抄録: 大腿骨頸部骨折の発生には従来より骨量の減少が最も重要な因子とされていた。しかし,加齢に伴う骨量の減少と本骨折の発生頻度が相関しない事や,組織形態学的な計測により骨折例で必ずしも骨量が低値を示さず,逆に多い例すらあった。この事実は,本骨折の発生には骨量の減少以外の因子が関与している事を示唆している。 そこで,骨折例と非骨折例の大腿骨頭と腸骨を摘出し各年代別に組織形態学的計測をおこなった。その結果,60歳以下では,骨量の減少が最も重要な因子であったが,60歳以上の骨折例では,骨梁中に一度正常に石灰化した部分から骨塩が脱け出た類骨が大部分を占める領域(bone quality defect)が広く,またその程度も強くなっていた。 / Femoral neck fracture is called osteoporotic fracture. Thus it has long been presumed that the loss of bone mass must be responsible for this fracture. But when the accurate direct measurement of the bone mass of the cortical and trabecular bones was done, there was a slight correlation between the bone mass and the frequency of this fracture in the elderly. It became evident that other factors were the cause of the femoral neck fracture. Histomorphometric study was done to find out the true factor causing the femoral neck fractures. The bone mass of femoral heads and iliac bones were significantly diminished in the fracture group below 60 years of age, but it was found to be no correlation between the loss of bone mass and the increase of the femoral neck fracture over 60. On the other hand, bone quality defect was far more frequent after 60 years of age in the fracture group. Thus the loss of bone mass was the important factor below 60 years old, but bone quality defect was the true factor over 60.
キーワード: Bone mass / femoral neck fracture / bone quality defect / osteomalacia / histomorphometric measurement
URI: http://hdl.handle.net/10069/18087
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第2巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18087

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace