DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第2巻 >

2歳児における漢字の読みの学習過程


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou02_00_15_t.pdf966.54 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 2歳児における漢字の読みの学習過程
その他のタイトル: Learning to Read Kanji by a Two-year-old Child
著者: 長谷川, 芳典
著者(別表記) : Hasegawa, Yoshinori
発行日: 1989年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1989, 2, p.139-150
抄録: 生まれて初めて日本語の文字を習得するさい,ひらがなに比べて漢字の習得のほうが容易であるか否か,また早期に習得した漢字がどの程度保持されるかについて1年間にわたる縦断的検討を行なった.被験児は実験開始時において2歳2ケ月になる男児1名,ひらがな・漢字ともまったく読めなかった.習得,保持テストの各段階では,漢字やひらがな等で図書館用カードに表記された250種類の語を,1日あたり40~50枚提示した.漢字やかなまじり漢字表記の語は,カタカナやひらがなだけで書かれた語にくらべてより早く習得され,保持率も高かった.これらの結果に基づき,初期の文字教育において,ひらがな先行よりも漢字とひらがなを同時に教えることの意義を強調した. / This study evaluates the relative difficulty of learning to read aloud Kanji and Kana characters. The subject was a two-year-old child. At the start of the training, he could not read any written words except for the Arabic numerals. The experimenter was the subject's father. The experiment was consisted of three phases : the acquisition phase, the first retention test conducted 30 days later, and the second retention test conducted eight months later. In each phase, the subject was presented 40-50 words to learn under the following conditions : the words consisted of only Kanji, Kanji + Kana (verb or adjective ), Katakana, and Hiragana. The results of each phase suggested that the words written by Kanji were much more easily learned than the other conditions.
キーワード: 学習 / 文字教育 / 漢字 / 保持 / ワープロ
URI: http://hdl.handle.net/10069/18097
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第2巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18097

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace