DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 2 >

理学療法を試みた先天性表皮水疱症の一例


File Description SizeFormat
iryou02_00_17_t.pdf1.05 MBAdobe PDFView/Open

Title: 理学療法を試みた先天性表皮水疱症の一例
Authors: 佐野, 佳恵 / 大島, 吉英 / 田原, 弘幸 / 鶴崎, 俊哉 / 井口, 茂 / 大城, 昌平 / 横山, 茂樹
Issue Date: 31-Mar-1989
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1989, 2, p.157-161
Abstract: 先天性表皮水疱症は乳児期に発症し,大関節部を中心にほぼ全身に水疱を生じる遺伝性疾患である.本症例も全身に水疱形成がみられ,そのため触覚防衛的反応を示し,感覚-運動発達の過程において,触覚の正常な入力が行われなかったものと思われた.それと度重なる入院のため正常発達が阻害された.本症例に対し,我々は正常発達段階に沿った理学療法を実施した.その結果として発達上の進展はみられたが,現在の状況(1才6カ月の時点で立位不可)からしてプログラムの検討が必要と考えた.即ち,直接的な触刺激を用いる方法,他の感覚刺激を用いる方法,接触面積の少ない状況で立ち直り,平衡反応を促通する方法などが考えられる.
Keywords: 先天性表皮水疱症 / 触覚刺激 / 運動発達遅滞 / 小児
URI: http://hdl.handle.net/10069/18099
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18099

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace