DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 2 >

糖尿病患者における体重歴について


File Description SizeFormat
iryou02_00_21_t.pdf282.15 kBAdobe PDFView/Open

Title: 糖尿病患者における体重歴について
Authors: 大塚, 健作 / 西山, 久美子 / 浦田, 秀子 / 勝野, 久美子 / 中古賀, 明子 / 深堀, 実 / 西山, 弘文
Issue Date: 31-Mar-1989
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1989, 2, p.179-182
Abstract: 糖尿病患者の体重歴,家族歴などを非糖尿病者と比較し,体重歴と糖尿病の臨床像について検討した.糖尿病の家族歴陽性率は36%で非糖尿病者の約6倍高率であった.20歳頃の体重は両群とも,およそ80%のものが非肥満であり,肥満者は10%以下であった.過去最大体重時においては,糖尿病患者のおよそ60%が肥満で,その頻度は非糖尿病者の約2倍であり,肥満度110%以上のものを加えると,約80%が肥満傾向にあった.過去に肥満があったものは,食事療法が優先する例が多く,肥満がない症例は,およそ80%が薬物療法(SU剤,インスリン)を受けており,食事療法の効果が期待しにくい症例の多いことが示唆された.
Keywords: 若年時肥満度 / 過去最大肥満度 / 糖尿病家族歴 / 糖尿病治療法
URI: http://hdl.handle.net/10069/18103
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18103

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace