DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第3巻 >

発達障害児の選択行動の柔軟性を測定するための新しい乱数生成テストの開発


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou03_00_05_t.pdf926.52 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 発達障害児の選択行動の柔軟性を測定するための新しい乱数生成テストの開発
その他のタイトル: A new random - number - generation test to measure response variabilites in high functioning developmental disabilities.
著者: 長谷川, 芳典
著者(別表記) : Hasegawa, Yoshinori
発行日: 1990年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1990, 3, p.33-43
抄録: 新しく開発した乱数生成テストにより発達障害児,および対照群として健常児と成人の選択行動の柔軟性を比較した.このテストは,パソコンで制御される一種のオペラント強化スケジュールになっており,各被験者(児)はパソコンに連結したタッチパッド上の0~9の数字を601回選択し,得点を競った.被験者が数字を選択するたびに,選ばれた数字と,その1つ前に選ばれた数字からなるダイグラム(digram :隣り合う数字対)の累積頻度が記録され,その値が相対的に少なかった場合に限り得点が与えられた.7歳より上の健常児では成人レベルに等しい柔軟な反応系列を生成したのに対して,発達障害児は,よりステレオタイプな反応系列を生成したことが,種々のランダム性指標により明らかになった. / A new random-number-generation test is presented that provides a measure of the response variabilities in developmental disabilities. The subjects were 19 children with learning disabilities, mental retardation, or autism, and comparison groups (26 normal children and 15 adults ). Each subject was instructed to generate a string of digits (from 0 to 9 ). For each response, a personal computer calculated the frequency of the pairwise sequence (a digram). The subject received one point if his or her pairwise sequence was one of the least five frequent cases. Analyses of the data done with several randomization indexes indicated that the subjects with developmental disabilities generated more stereotypic sequences than did the normal children.
キーワード: 選択行動 / 乱数生成テスト / 発達障害児 / 行動の柔軟性 / パーソナルコンピュータ
URI: http://hdl.handle.net/10069/18116
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第3巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18116

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace