DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 3 >

精神科臨床実習の展開-継続して受け持った同一患者の観察と看護-


File Description SizeFormat
iryou03_00_10_t.pdf524.39 kBAdobe PDFView/Open

Title: 精神科臨床実習の展開-継続して受け持った同一患者の観察と看護-
Authors: 松本, レツ子 / 勝野, 久美子 / 金井田, 文恵 / 内矢 洋子
Issue Date: 31-Mar-1990
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1990, 3, p.79-85
Abstract: 精神科臨床実習において分裂病の同一患者について3年間にわたり,患者の生活行動の変化と受け持ち学生の体験について調査しその学習効果を検討した.患者は病識を持つことはできなかったが,学生をよく認識・対応し,その程度は年々向上し,これによって人への対応が改善された.この結果は学生実習によって患者の状態が改善され,学生にとっても精神科実習のよき学習となった例として報告する.
Keywords: 慢性分裂病 / 病識欠如 / 退院要求(離院要注意) / 生活維持
URI: http://hdl.handle.net/10069/18121
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 3

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18121

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace