DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 3 >

脳性麻痺に対する装具療法の問題点-理学療法士の立場から-


File Description SizeFormat
iryou03_00_12_t.pdf198.17 kBAdobe PDFView/Open

Title: 脳性麻痺に対する装具療法の問題点-理学療法士の立場から-
Authors: 田原, 弘幸
Issue Date: 31-Mar-1990
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1990, 3, p.95-97
Abstract: 脳性麻痺に対する装具療法の問題点について,アンケート調査の結果をもとに理学療法士の立場から分析した.アンケートは121の小児施設を対象に実施し,65施設から回答が得られ,その回収率は53.7%であった.装具処方において理学療法士の判断が56人(86.2%)に求められている.しかし,その内の50%が装具適用の時期,処方内容について疑問をもっている.これらのことから,理学療法士と医師との間における処方についての認識の違い,互いのコミュニケーション不足・手段などが問題であると思われた.
Keywords: 脳性麻痺 / 装具療法 / アンケート調査
URI: http://hdl.handle.net/10069/18123
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 3

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18123

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace