DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第4巻 >

発達障害児の選択行動の柔軟性を測定するための新しい乱数生成テストの開発-遷移リズムからみた特徴-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou04_00_08_t.pdf389.98 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 発達障害児の選択行動の柔軟性を測定するための新しい乱数生成テストの開発-遷移リズムからみた特徴-
著者: 長谷川, 芳典
発行日: 1991年 3月30日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1991, 4, p.61-66
抄録: 0~9の数字をランダムに選ぶほど得点が増加するというオペラント強化随伴を導入した新しい乱数生成テストにおいて,被験児の反応系列を選択キーの物理的位置に基づいた遷移イズムとして表現し,健常児と発達障害児のあいだで波形に質的な差異があるかどうか検討した.障害児では,変動がよりゆるやかであることに加え,特定選択肢への固執を反映したフラットな波形が顕著に見られた.2名の障害児に対して,乱数テストを反復受検させたところ,このような特異な波形に一定の改善が認められた.選択反応の全体的な分析では検出できないような局所的な変動の推移を分析するうえで,遷移リズムはきわめて有効な方法であると言うことができる.
キーワード: 選択行動 / 乱数生成テスト / 発達障害児 / オペラント条件づけ / 柔軟性
URI: http://hdl.handle.net/10069/18136
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第4巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18136

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace