DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 4 >

油圧式可変速・可変抵抗機器の筋出力特性について


File Description SizeFormat
iryou04_00_16_t.pdf464.7 kBAdobe PDFView/Open

Title: 油圧式可変速・可変抵抗機器の筋出力特性について
Authors: 井口, 茂 / 中野, 裕之 / 田原, 弘幸 / 加藤, 章子
Issue Date: 30-Mar-1991
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1991, 4, p.101-107
Abstract: 今回われわれは油圧シリンダーにて抵抗値が変化する可変速・可変抵抗運動機器を用い,その最大トルク値,%MVC値,トルク体重比,角速度,仕事量から,筋出力特性について検索したので報告する.対象は成人男性10名,平均年齢20.1±2.5歳,平均体重66.3±11.5㎏であった.得られた結果は,1) 最大トルク値,%MVC値,トルク体重比は負荷が増すにつれ増加した.2) %MVC値と角速度の関係は等速度運動と類似していた.3) 仕事量は負荷レベル6で低下を示した.これらより可変速・可変抵抗運動はレベル間の負荷量の変化と,同一レベル内での負荷量の変化に特徴があり筋力トレーニングの運動負荷値を広範囲に設定できるものと考えられた.
Keywords: VVR / MVC / トルク体重比 / 角速度
URI: http://hdl.handle.net/10069/18144
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 4

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18144

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace