DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第5巻 >

長崎市における妊婦の風疹罹患歴と風疹HI(赤血球凝集抑制反応)抗体価について


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou05_00_02_t.pdf491.91 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市における妊婦の風疹罹患歴と風疹HI(赤血球凝集抑制反応)抗体価について
その他のタイトル: Rubella infection and HI antibody in pregnant women in a hospital in Nagasaki City.
著者: 前田, 恵子
著者(別表記) : Maeda, Keiko
発行日: 1992年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1992, 5, p.9-14
抄録: 長崎市の1病院に来院した妊婦4670名について風疹の罹患歴の有無と抗体保有率を調べた.妊婦の多くが抗体を保有していた.罹患歴有りと答えた妊婦は年々増加した.罹患歴無しと答えた人もやや減少している.罹患歴無しと答えた人の約半数が抗体検査を希望した.以上のことから,妊婦の風疹に対する認識が高まっていることは事実であるが,本症の危険性に対する認識が充分ではなく今後妊婦への徹底した指導が必要であろう. / The history of rubella infection and the frequency of the positivity of rubella antibody were studied in 4,670 pregnant women examined at a hospital in Nagasaki City. Many pregnant women were positive for rubella antibody. The percentage of pregnant women who reported a history of rubella infection increased each year, and the percentage of those who reported that they hand no history of rubella slightly decreased after 1982. About half of those that did not have a history of rubella wanted to undergo a rubella antibody test. These results suggest that although understanding of pregnant women about rubella has improved, the risk of the disease is not yet sufficiently recognized. More careful guidance for pregnant women concerning rubella is considered to be needed.
キーワード: 妊婦 / 風疹 / 風疹HI抗体価 / Pregnant women / rubella / rubella antibody
URI: http://hdl.handle.net/10069/18150
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第5巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18150

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace