DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 6 >

近赤外線法による体脂肪率と標準体重法による肥満度との関係


File Description SizeFormat
iryou06_00_11_t.pdf297.94 kBAdobe PDFView/Open

Title: 近赤外線法による体脂肪率と標準体重法による肥満度との関係
Authors: 浦田, 秀子 / 大塚, 健作 / 西山, 久美子 / 勝野, 久美子 / 福山, 由美子 / 田原, 靖昭 / 綱分, 憲明
Issue Date: 31-Mar-1993
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1993, 6, p.81-85
Abstract: 成人男性140名,女性313名を対象に肥満度と近赤外線法による体脂肪率(%F)との関係を検討した.近赤外線法はケット社製FITNESS ANALYZERを用い,標準体重は桂法,加藤法,身長(m)2×22,明治生命の表,厚生省の表,松木の表を用い肥満度を算出した.%Fからみた肥満者(%F肥満)は男性%F20%以上,女性は30%以上とした.男性は%F肥満者の7割~9割が肥満度110%以上と判定され,女性はほぼ全員が肥満度110%以上であった.一方,%F非肥満者も1~4割が肥満度110%以上と判定されて,標準体重法による肥満判定は体脂肪量が必ずしも反映しているとはいいがたかった.また,%F肥満者の検出率の高い方法は,%F非肥満者を肥満とする危険性も高かった.
Keywords: 近赤外線法 / FITNESS ANALYZER / 体脂肪率 / 標準体重法 / 肥満度
URI: http://hdl.handle.net/10069/18195
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 6

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18195

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace