DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 6 >

インピーダンス法と水中体重法による体脂肪率の比較


File Description SizeFormat
iryou06_00_14_t.pdf251.19 kBAdobe PDFView/Open

Title: インピーダンス法と水中体重法による体脂肪率の比較
Authors: 勝野, 久美子 / 西山, 久美子 / 浦田, 秀子 / 福山, 由美子 / 大塚, 健作 / 田原, 靖昭 / 綱分, 憲明
Issue Date: 31-Mar-1993
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1993, 6, p.95-98
Abstract: インピーダンス法(BI法)による体脂肪計セルコ製SIF-891の有用性を検討するため,198名を対象に水中体重法と比較検討した. 水中体重法とBI法による体脂肪率との間には0.84の高い相関を認めた.しかし,実測値の平均値は,BI法が有意に高値を示し,特に運動選手ではその差が顕著であった.また,BI法は体脂肪率の低い人ほど水中体重法より高めに評価する傾向がみられたが,体脂肪率20%~30%台の非運動選手を対象とした場合には,水中体重法に比較的近い値が得られた. したがって一般人を対象とした臨床においてはBI法も肥満評価の一方法として利用可能であると思われる.
Keywords: インピーダンス法 / 水中体重法 / 体脂肪率
URI: http://hdl.handle.net/10069/18198
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 6

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18198

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace