DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 6 >

生体インピーダンス法による体脂肪計の測定条件に関する検討


File Description SizeFormat
iryou06_00_16_t.pdf387.86 kBAdobe PDFView/Open

Title: 生体インピーダンス法による体脂肪計の測定条件に関する検討
Authors: 福山, 由美子 / 西山, 久美子 / 浦田, 秀子 / 勝野, 久美子 / 大塚, 健作
Issue Date: 31-Mar-1993
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1993, 6, p.103-106
Abstract: 生体インピーダンス法による体脂肪測定器インピーダンスファットメーターSIF-891の測定条件について検討した.その結果,10回連続測定による同時再現性は変動係数が0.81と良好であった.被験者の測定時における姿勢の影響では,上下肢の屈曲および上下肢の開き方による皮膚の接触が測定値に影響を及ぼした.測定部位の皮膚の処置では,アルコール清拭,電極ゲルの処置のいずれを省略しても測定値は低くなった.また,電極装着位置のずれにより電極間の距離が長くなると測定値は高く,短くなると低くなる傾向があった.しかし,立位および座位では測定値に影響はなく,また飲水・摂食・排尿前後の測定では,測定値に一定の傾向はみられなかった.
Keywords: 生体インピーダンス / 体脂肪計 / 測定条件 / インピーダンスファットメーターSIF-891
URI: http://hdl.handle.net/10069/18200
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 6

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18200

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace