DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 6 >

足浴湯温に対する感覚の季節間差の検討


File Description SizeFormat
iryou06_00_19_t.pdf269.45 kBAdobe PDFView/Open

Title: 足浴湯温に対する感覚の季節間差の検討
Authors: 宮下, 弘子 / 勝野, 久美子 / 浦田, 秀子 / 宮原, 春美 / 坂口, 明子 / 江藤, 宏美 / 福山, 由美子 / 大塚, 健作
Issue Date: 31-Mar-1993
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1993, 6, p.117-121
Abstract: 足浴の温熱刺激がもたらす快適感の季節間差をみるために夏冬2回の足浴の実験を行い,足浴時の湯温や被験者の身体温度と感覚との関連,快適感覚と温度感覚との関連について検討した.足浴に用いた湯温は39,40,41,42,43℃の1℃間隔の5温である. 今回の実験においては40℃が夏冬ともに快適と感じた人が最も多い湯温であった.被験者の身体温度と快適感覚および温度感覚との間には有意な関連はみられなかったが,1℃間隔の湯温の違いに対する感じ方は夏に比べ冬の方が鈍い傾向にあった.特に冬において足背皮膚温の低い群にその傾同が著明であった.
Keywords: 足浴 / 快適感覚 / 温度感覚 / 季節間差
URI: http://hdl.handle.net/10069/18203
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 6

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18203

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace