DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第6巻 >

足底部感覚が立位姿勢調整および歩行に及ぼす影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou06_00_21_t.pdf167.09 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 足底部感覚が立位姿勢調整および歩行に及ぼす影響
著者: 横山, 茂樹 / 大城, 昌平 / 松本, 司 / 高柳, 光司 / 松坂, 誠應 / 穐山, 富太郎
発行日: 1993年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1993, 6, p.127-129
抄録: 冷却による足底部の感覚障害が,立位重心動揺・および歩行に及ぼす影響を重心動揺計・床反力計を用いて検討した.その結果,足底部の感覚障害により重心動揺は有意に大きくなったが,床反力の各測定値には著変はなかった.これらのことから足底部の感覚入力は立位の姿勢調整において重要な役割を果たすが,歩行においては中枢の自動的運動制御の役割が大きいものと思われた.
URI: http://hdl.handle.net/10069/18205
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第6巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18205

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace