DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第7巻 >

長崎市における妊婦のB型肝炎ウイルス,成人T細胞白血病ウイルス,梅毒の抗体保有状況について


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou07_00_11_t.pdf323.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市における妊婦のB型肝炎ウイルス,成人T細胞白血病ウイルス,梅毒の抗体保有状況について
その他のタイトル: The Prevalence of Hepatitis B Virus, Adult T-cell Leukemia Virus and Syphilis Antibodies among Pregnant Women in Nagasaki City .
著者: 前田, 恵子
著者(別表記) : Maeda, Keiko
発行日: 1994年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1994, 7, p.103-108
抄録: 1981-1987年まで長崎市の1病院に来院した妊婦4670名について,HBV,ATL,梅毒の抗体保有状況を検討した.来院した妊婦のほとんどが受診し,HBs抗原陽性率は1.7%,ATL陽性率;2.9%,及び梅毒血清反応陽性率;0.02%と低かった.妊婦の母体感染に対する認識は高いと思われるので,今後も妊婦への感染予防について保健指導を徹底していく必要があろう. / We investigated the status of maternal syphilis, HBV and ATL infections in 4,670 pregnant women who visited a hospital in Nagasaki City between 1981 and 1987. Most of the women had undergone examinations. Positive rates were low at 1.7% for HBs antigen, 2.9% for ATL and 0.02% for serologic tests for syphilis, indicating a high awareness concerning maternal infections among pregnant women. Continued health guidance is needed to keep infections low in pregnant women.
キーワード: 妊婦 / HBs抗原 / ATL / 梅毒
URI: http://hdl.handle.net/10069/18217
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第7巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18217

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace