DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 7 >

血清C一ペプチド値と水中体重法による体脂肪率との関連について


File Description SizeFormat
iryou07_00_17_t.pdf298.53 kBAdobe PDFView/Open

Title: 血清C一ペプチド値と水中体重法による体脂肪率との関連について
Authors: 西山, 久美子 / 大塚, 健作 / 田原, 靖昭 / 浦田, 秀子 / 勝野, 久美子 / 福山, 由美子 / 綱分, 憲明 / 森, 俊介
Issue Date: 31-Mar-1994
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1994, 7, p.137-140
Abstract: 平均年齢30歳の女性83名を対象に,空腹時血清C一ペプチド値(S-CPR)と水中体重法による体脂肪率(%F)などとの関連を検討した.%Fは平均25.8±5.5%,S-CPR値は平均1.93±0.64ng/mlで,両者の間にはr=0.266の有意な正の相関があった.%Fの程度に分けてS-CPR値をみると,%Fが高くなるにつれS-CPRの異常高値者の出現頻度が高く,%F30%以上の19名では半数以上が異常高値であった.%F30%以上を肥満(%F肥満),未満を非肥満(%F非肥満)として両者のS-CPR値の平均を比較すると,非肥満者64名1.78±0.42ng/mlに対して,%F肥満者19名は2.43±0.95ng/mlと有意に高く,高インスリン血症の存在が推測された.
Keywords: 体脂肪率(%F) / 血清C一ペプチド(S-CPR) / 肥満 / 高インスリン血症
URI: http://hdl.handle.net/10069/18223
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 7

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18223

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace