DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 7 >

生体インピーダンス法による体脂肪測定値に対する皮膚温の影響


File Description SizeFormat
iryou07_00_18_t.pdf244.26 kBAdobe PDFView/Open

Title: 生体インピーダンス法による体脂肪測定値に対する皮膚温の影響
Authors: 福山, 由美子 / 西山, 久美子 / 浦田, 秀子 / 勝野, 久美子 / 大塚, 健作
Issue Date: 31-Mar-1994
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1994, 7, p.141-144
Abstract: 生体インピーダンス(BI)法による体脂肪計(SEKISUI製SS-103)の測定値に対する皮膚温の影響について検討した.入浴,室温の変化,保温臥床の条件下で実験的に行い,その前後での上下肢の皮膚温,BI値,体脂肪率(%F)の変化をみた.入浴では,上下肢の皮膚温がそれぞれ平均1.7℃,2.1℃上昇し,BI値は22.9Ω,%Fは1.9%低下した.室温の変化では,上下肢の皮膚温がそれぞれ8.8℃,7.1℃上昇し,BI値は35.2Ω,%Fは2.5%低下した.保温臥床による影響では上下肢の皮膚温がそれぞれ6.6℃,5.2℃上昇し,BI値10.8Ω,%Fは0.8%低下した.いずれの実験においても皮膚温が上昇するとBI値は低く測定され,その結果%Fが低く算出された.
Keywords: 生体インピーダンス / 体脂肪率 / 測定条件 / 皮膚温
URI: http://hdl.handle.net/10069/18224
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 7

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18224

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace