DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 7 >

重症筋萎縮性側索硬化症患者のQOL確保についての一考察


File Description SizeFormat
iryou07_00_20_t.pdf248.36 kBAdobe PDFView/Open

Title: 重症筋萎縮性側索硬化症患者のQOL確保についての一考察
Authors: 山下, 美穂 / 浜辺, 由美子 / 長尾, 哲男
Issue Date: 31-Mar-1994
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1994, 7, p.149-152
Abstract: 本症例は作業療法処方以前より俳句や水墨画の創作活動を行っていたが,作業療法アプローチにより個展開催への希望を見せるなど,社会への視野が拡大した.コ・メディカルスタッフの協力により個展の開催が実現し患者は充実感を表したが,一方その後の目標を喪失した.この症例を通して重症患者における生活の質向上への作業療法アプローチの効果が確認できた.更に,生活の質向上を目的とした作業療法では患者の長期展望を見据えた上でメリハリのある生活を企画するときに,患者・作業療法士が共に「各イベントは一つ一つの節目である」ことを認識して臨む基本的姿勢が必要であることがわかった.
Keywords: QOL / 筋萎縮性側索硬化症 / OTの役割
URI: http://hdl.handle.net/10069/18226
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 7

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18226

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace