DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第8巻 >

長崎県内の女性の身体的不調に関する調査-(その3)就業状態による差異について-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou08_00_04_t.pdf646.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県内の女性の身体的不調に関する調査-(その3)就業状態による差異について-
その他のタイトル: Investigation on physical problems in women in Nagasaki prefecture -(3) Differences of frequency of complaints by working condition-
著者: 大石, 和代 / 宮市, 和子 / 加藤, 奈智子 / 古田, 真司
著者(別表記) : Oishi, Kazuyo / Miyaichi, Kazuko / Kato, Nachiko / Furuta, Masashi
発行日: 1995年 3月31日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.23-28
抄録: 女性の身体的訴えの就業状態による差異を明らかにするために,長崎県在住の20歳から59歳の女性1,094人を対象に,「冷え性」や,自律神経系の症状等の有無について自記式アンケート(無記名)調査を行なった.対象を20歳~39歳と40歳~59歳に分けて,常勤,自営,パートの3就業状態と無職の4群間で比較した.その結果,39歳以下では自律神経系愁訴の有訴率とその内容,月経中の有訴率とその内容,産婦人科系疾患による受診率で就業状態による有意の差異を認めたが,40歳以上では就業状態による差異は小さかった. / Using self rating questionnaire, frequencies of unidentified complaints, presumably due to disorders in autonomic nervous system were compared among four working conditions of 1094 women in Nagasaki prefecture : full-time or part-time employed women, women in self-managements and housewives. Frequencies of complaints related to autonomic nervous system and to menstrual period and of visiting gynecological clinics were largerly variated among working condition in the younger age group (20-39 years old). The extent of differences by working condition was however, small in the older age group (40-59 years old).
キーワード: 長崎県 / 健康婦人 / 不定愁訴 / 就業状態
URI: http://hdl.handle.net/10069/18231
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第8巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18231

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace