DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

糖尿病治療における自己管理に対する援助-血糖自己測定が動機づけとなったと思われる老人糖尿病患者の一例-


File Description SizeFormat
iryou08_00_10_t.pdf633.98 kBAdobe PDFView/Open

Title: 糖尿病治療における自己管理に対する援助-血糖自己測定が動機づけとなったと思われる老人糖尿病患者の一例-
Authors: 西山, 久美子 / 福山, 由美子 / 勝野, 久美子 / 浦田, 秀子
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.57-62
Abstract: 肺結核を合併した老人糖尿病患者が,良好なコントロールを維持するまでをⅠ期~Ⅳ期に分け,外来受診時の血糖コントロールの良否と患者の言動およびその援助を記録類より抽出し患者教育のあり方を検討した.第Ⅰ期,第Ⅱ期は治療に関する理解を深めるための指導的援助で,第Ⅲ期は血糖自己測定にむけて学習を助ける援助であった.第Ⅳ期は自己管理が定着するために,患者と共に良好なコントロールを目指す援助であった.老人は,一般に自己管理能力が低くその不足を家族や看護者が補うことになりがちだが,受診時の患者の反応や言動に応じ援助することにより,セルフケアも充分行えることを経験した.
Keywords: 老人 / 糖尿病治療 / 自己管理 / 血糖自己測定 / 患者教育
URI: http://hdl.handle.net/10069/18237
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18237

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace