DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

成人女性の肥満に関する意識と体脂肪率との関係


File Description SizeFormat
iryou08_00_11_t.pdf321.68 kBAdobe PDFView/Open

Title: 成人女性の肥満に関する意識と体脂肪率との関係
Authors: 浦田, 秀子 / 西山, 久美子 / 勝野, 久美子 / 福山, 由美子 / 北島, 浩美
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.63-65
Abstract: 20~77歳の女性341名を対象に肥満に関する意識と体脂肪率(%F)との関係を検討した.%Fの測定はKett社製FITNESS ANALYZER BFT-3000を用い,%Fによる肥満の判定は%F30%以上を肥満とし,それ以下を非肥満とした.%Fにより肥満と判定された者は52名で,非肥満者は289名であった,対象者の約7割が「太っている」と思っていたが,実際に%Fで30%以上のものは約2割であった.肥満者では「やせたほうが健康によい」など健康上の理由でやせたいと思うものが多く,一方,非肥満者は「洋服が合う」など美容上の理由であった.また,20歳代では美容のためやせたいと思うのに対して,40歳以上では健康を維持するためであり,年代間で違いがみられた.
Keywords: 肥満 / スリム指向 / 体脂肪率 / FITNESS ANALYZER
URI: http://hdl.handle.net/10069/18238
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18238

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace