DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

糖尿病外来通院中の患者がとらえた看護活動の効果について


File Description SizeFormat
iryou08_00_14_t.pdf344.9 kBAdobe PDFView/Open

Title: 糖尿病外来通院中の患者がとらえた看護活動の効果について
Authors: 花園, 淳 / 黒田, 久美子 / 西山, 久美子 / 野口, 美和子
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.75-80
Abstract: 糖尿病外来における看護活動場面で自ら援助を求めた患者を対象として,患者がとらえる看護活動の「効果」はどのようなものであるかを分析した.看護活動を利用してよかったこと,うれしかったこと,利用している理由についての質問により得られた患者の回答内容は,看護の効果という視点で分析すると,情緒に関すること,知識・情報に関すること,血糖測定に関すること,という3つの側面からとらえられるものが大部分であった.さらに,糖尿病に対する意識と自己管理に対する意識という視点から,患者がとらえた効果の関連性を位置づけした.
Keywords: 糖尿病 / 外来看護 / 自己管理 / 看護の効果
URI: http://hdl.handle.net/10069/18241
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18241

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace