DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

精神遅滞の経過をたどった未熟児の新生児行動評価


File Description SizeFormat
iryou08_00_16_t.pdf257.73 kBAdobe PDFView/Open

Title: 精神遅滞の経過をたどった未熟児の新生児行動評価
Authors: 大城, 昌平 / 穐山, 富太郎 / 後藤, ヨシ子 / 横山, 茂樹
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.85-87
Abstract: 精神遅滞の経過をたどった未熟児のブラゼルトン新生児行動評価(NBAS)について検討した.未熟児61例(脳性麻痺児を除く)の修正年齢3才時のMcCarthyテストの一般知能指数の結果,一般知能指数76以上の境界線以上は58例(95.0%),知能指数75以下の境界線以下は3例(5.0%)であり,この3例を精神遅滞児と判断した.3症例のNBASの結果は新生児行動の意識状態系,および運動系の調整能力に乏しく,ストレス徴侯が継続する傾向がみられた.NBASにおける行動学的な異常兆候が継続的にみられる場合には脳性麻痺や精神遅滞などの発生する割合が高まるものと考えられ,経時的な評価の実施と,明らかな障害や行動の問題が顕著化する前からの母子介入指導や必要に応じた療育を開始することが必要であると考えられる.
Keywords: ブラゼルトン新生児行動評価(NBAS) / 精神遅滞 / 未熟児
URI: http://hdl.handle.net/10069/18243
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18243

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace