DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

ハーフスクワットの方法における一考察


File Description SizeFormat
iryou08_00_17_t.pdf296.77 kBAdobe PDFView/Open

Title: ハーフスクワットの方法における一考察
Authors: 中尾, 利恵 / 尾崎, 勝博 / 緒方, 陽一郎 / 横山, 茂樹 / 大城, 昌平 / 井口, 茂
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.89-91
Abstract: 前十字靭帯(以下ACLと略す)損傷患者に対する,安全性の高いハーフスクワットの方法を検討する目的で,体幹前傾が下肢筋筋活動に及ぼす影響について健常者を対象に検索した.この結果,体幹を前傾することにより,重心は前方へ移動するとともに,大腿四頭筋・前脛骨筋の筋活動は減少し,大腿二頭筋,腓腹筋の筋活動量は増加した.以上のことからACLに対してagonist的に働くと言われている大腿二頭筋の筋活動量が増加したため,体幹前傾によるハーフスクワットは安全性の高い方法であると考えられた.
Keywords: ハーフスクワット / 重心移動 / 筋活動
URI: http://hdl.handle.net/10069/18244
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18244

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace