DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 8 >

難易度差を有する作業における利き手と非利き手の作業時間について-利き手と非利き手の能力について-


File Description SizeFormat
iryou08_00_18_t.pdf472.77 kBAdobe PDFView/Open

Title: 難易度差を有する作業における利き手と非利き手の作業時間について-利き手と非利き手の能力について-
Authors: 坂本, 洋子 / 谷口, 照六 / 長尾, 哲男 / 東, 登志夫
Issue Date: 31-Mar-1995
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1995, 8, p.93-95
Abstract: 両上肢に障害のない右利きの老人17名に対し,板間隔を3段階にしたペグボードを用いて,利き手と非利き手の作業時間を測定した.非利き手は,利き手に比べ作業時間が長くなり,利き手,非利き手に関わらず板間隔が広い程,長い時間を要していた.難易度の高い作業において,利き手では作業時間に差が生じるが,非利き手では利き手ほど顕著ではなかった. これらのことより,利き手と非利き手では,作業設定による作業難易度の変化が同一でないことが示唆された.
Keywords: 利き手交換 / 段階づけ / ペグボード / 評価 / 検査
URI: http://hdl.handle.net/10069/18245
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 8

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18245

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace