DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第9巻 >

If and Whether in Indirect Speech


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou09_00_02_t.pdf355.58 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: If and Whether in Indirect Speech
その他のタイトル: 間接話法におけるIfとWhether
著者: Sonoda, Kenji
著者(別表記) : 園田, 健二
発行日: 1996年 3月29日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1996, 9, p.9-13
抄録: 名詞節を導くifとwhetherが現在の英米語ではどちらが多く使われているかをみ,またその理由を考えてみた.現在での状況をより良く把握するために現在までの100年間におけるこれらの接続詞の英米における使用頻度の変化もみてみた. / When if or whether follows a transitive or an adjective and precedes a noun clause, these subordinators are interchangeably used except in some cases. Of if and whether, which is more preferably used in current American English and British English? How did the people's preference for these conjunctions change in about a hundred years 1900-1994? In order to clarify these, 24 weeklies or monthlies were made use of here. To be very brief, in American English in 1994, if is more preferably used than whether, while around 1900 in American English, if was used almost as frequently as whether. In British English in 1994, whether is more frequently used than if, and the situation was much the same around 1900.
キーワード: If / Whether / American English / British English
URI: http://hdl.handle.net/10069/18247
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第9巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18247

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace