DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 9 >

性差および兄弟の有無が小児発達に及ぼす影響について


File Description SizeFormat
iryou09_00_05_t.pdf274.65 kBAdobe PDFView/Open

Title: 性差および兄弟の有無が小児発達に及ぼす影響について
Authors: 鶴崎, 俊哉 / 穐山, 富太郎 / 田原, 弘幸
Issue Date: 29-Mar-1996
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1996, 9, p.27-29
Abstract: 長崎県内3ヶ所の保育園に通園している250名の園児を対象に,発達の指針となる定頸時期,寝返り開始時期,這い始め時期,捕まり立ち開始時期,人見知り始め時期,話し始め時期,歩行開始時期を調査し,性差および第1子か否かによって比較検討を行った. 各項目は,各種文献と比較して,分布のピークが早く,95%通過点は遅くなっていた. また,寝返りのピークと捕まり立ちの95%通過点に第1子群が早い傾向,定頸・捕まり立ち・人見知りに女児が早い傾向が見られた. 本報告をもって,性別や兄弟の発達に対する影響を断定することはできないが,環境因子が発達に及ぼす影響についてさらなる研究の必要性が示唆されたと考える.
Keywords: 正常発達 / 性差 / 兄弟 / 95%通過点 / 発達指針
URI: http://hdl.handle.net/10069/18250
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 9

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18250

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace