DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 10 >

小児の付き添い入院に対する母親と看護婦の意識調査-第2報-


File Description SizeFormat
iryou10_00_05_t.pdf229.4 kBAdobe PDFView/Open

Title: 小児の付き添い入院に対する母親と看護婦の意識調査-第2報-
Authors: 宮下, 弘子 / 宮原, 春美 / 松尾, 壱佐 / 藤本, 澄江 / 宮崎, 麗子 / 吉野, 麻紀
Issue Date: 25-Mar-1997
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1997, 10, p.29-31
Abstract: 長崎県下4施設の小児病棟に勤務する看護婦と,その病棟に入院している小児に付き添う母親に対して,付き添い入院をどのようにとらえているか,また,それぞれの役割をどう認識しているかについてアンケート調査を行い,看護婦76名,母親91名からの回答を得た.その結果,以下のことが明らかになった. 1.診療介助的行為は看護婦と母親が共に看護婦の役割と認識しているものが多かった. 2.日常生活援助は両者共に母親の役割と認識しているものが多かった. 3.日常生活援助であっても家庭での方法と異なるものや,小児への病気の説明などはそれぞれが自分の役割と認識していた.
Keywords: 小児 / 付き添い入院 / 役割認識
URI: http://hdl.handle.net/10069/18259
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 10

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18259

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace