DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第11巻 >

A Study on Students' Enervation in Schools for Physical Therapists


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou11_00_05_t.pdf403.02 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: A Study on Students' Enervation in Schools for Physical Therapists
その他のタイトル: 理学療法学科学生の意欲低下についての研究
著者: Tahara, Hiroyuki / Okita, Minoru / Tenma, Kazuto / Tsurusaki, Toshiya / Inokuchi, Shigeru / Sakamoto, Shigeki
著者(別表記) : 田原, 弘幸 / 沖田, 実 / 天満, 和人 / 鶴崎, 俊哉 / 井口, 茂 / 坂本, 繁樹
発行日: 1998年 3月25日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1998, 11, p.25-29
抄録: 理学療法学科学生102名を対象に,その意欲低下について学業,授業,学校の3領域に分け,これに関与するといわれている要因との関連について検討した.これらの尺度間の相関係数から,意欲低下全体と各下位尺度を目的変数に,アイデンティティ,モラトリアム,自尊感情,進学志望動機を説明変数として重回帰分析を行った.その結果,いずれの重相関係数も有意であった.また,標準偏回帰係数が有意な関連は,意欲低下全体とモラトリアム(β=0.300,p<0.01),学業とアイデンティティ(β=-0.201,p<0.05)および自尊感情(β=-0.257,p<0.05),授業とモラトリアム(β=0.333,p<0.01)および自尊感情(β=0.214,p<0.01),学校とアイデンティティ(β=-0.347,p<0.01)において認められた.意欲低下は3領域で異なる関連性を示し,このことは学生との対応において問題の実態を把握し,各領域との関連要因を考慮する必要のあることを示唆するものである. / The present study was designed to clarify correlations between problem behavior in enervated students and related factors, that is, identity, moratorium, self-esteem, and motives for entering school. Enervation in students, a disturbance of mental health, is an important facet of quality of life. The enervation or volitional degeneracy observed was divided into three areas: schoolactivity enervation, class enervation, and school institution enervation. Multiple regression analysis was performed on the resulting correlation coefficients among scores representing identity, moratorium, self-esteem, and motives for entering school. We found that moratorium directly impacted on overall enervation (R2=0.166, p<0.01). Similarly, the factors affecting schoolactivity enervation were identity and self-esteem (R2=0.135, p<0.01), those affecting class enervation were moratorium and self-esteem (R2=0.209, p<0.01), while that impacting on school institution enervation was identity (R2=0.148, p<0.01). Thus, in educational intervention regarding enervation, consideration of the problematic content is especially important in order to enhance the students' quality of life.
キーワード: Enervation / Quality of Life (QOL) / Multiple regression analysis
URI: http://hdl.handle.net/10069/18265
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18265

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace