DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第11巻 >

設備としての福祉用具の保守システムの問題点と対策-天井走行型ホイストの事例から-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou11_00_11_t.pdf455.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 設備としての福祉用具の保守システムの問題点と対策-天井走行型ホイストの事例から-
その他のタイトル: How to maintenance the Life-facilitating apparatus in home
著者: 長尾, 哲男 / 東, 登志夫 / 齊場, 三十四
著者(別表記) : Nagao, Tetsuo / Higashi, Toshio / Saiba, Mitoshi
発行日: 1998年 3月25日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1998, 11, p.61-65
抄録: 地域リハビリテーションの実施には福祉機器の導入による技術的支援が必須である.最近は,機器の開発と普及への努力が官民一体で行われている.しかし,現状ではその導入を急ぐあまりに,機器導入後の継続使用のための保守管理に対する対応が不十分である.生活支援機器が導入後も継続的に機能するための問題点を指摘し,必要な対応策にいて現状を踏まえつつ提言した. / Life-facilitating apparatus ("techno-aids") for daily life at home are very useful for elders or handicapped persons. These are offered by goverment or welfare fund to set for user's home. But there is no maintenanse service provided by goverment. Users do not usually recognize the necessity of maintaining these "techno-aids" either. It is therefore necessary to establishe a maintenance system for the users at home.
キーワード: 在宅 / 生活支援 / 機器 / 保守点検 / 機器更新
URI: http://hdl.handle.net/10069/18271
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18271

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace