DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 11 >

低出生体重児を出産した産婦の周産期の訴えに関する考察


File Description SizeFormat
iryou11_00_15_t.pdf447.05 kBAdobe PDFView/Open

Title: 低出生体重児を出産した産婦の周産期の訴えに関する考察
Authors: 江藤, 宏美 / 大石, 和代 / 浦川, 君代 / 加藤, 奈智子 / 小橋川, 直美 / 赤星, 衣美 / 前田, 満喜子 / 浦川, 君代
Issue Date: 25-Mar-1998
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1998, 11, p.85-88
Abstract: 低出生体重児を出産した産婦の周産期における訴えを看護記録から調査した.その結果,妊娠中に最も多かったのは分娩に移行する徴候としての腹部緊満で,次いで羊水の増減を意識した項目であった.分娩後は児の発育や反応,母乳育児に関するものが多くみられた.分娩前後の児の受容に関しては,妊娠中では悲嘆・心配・不安など消極的な訴えが優位であったが,分娩後には喜び・安心などが優位になっていた.これらの結果から,産婦に対して出産と育児に関する情報提供と精神的サポートが重要と考えた.
Keywords: 未熟児 / 低出生体重児 / 周産期の訴え / 育児不安 / 児の受容
URI: http://hdl.handle.net/10069/18275
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 11

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18275

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace