DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第11巻 >

気管支肺異形成の患児に対する呼吸理学療法の経験-右中・下葉肺切除術後,漏斗胸術後-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou11_00_17_t.pdf939.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 気管支肺異形成の患児に対する呼吸理学療法の経験-右中・下葉肺切除術後,漏斗胸術後-
著者: 比嘉, 優子 / 大池, 貴行 / 池田, 弥生 / 栄岩, 真弓 / 岩本, 眞一郎 / 野方, 敏行 / 金子, 弦子 / 千住, 秀明
発行日: 1998年 3月25日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1998, 11, p.91-94
抄録: 本症例は気管支肺異形成(以下BPD)で右中・下葉肺切除術,漏斗胸術後,感染による急性増悪をくり返し,日常でも呼吸困難感による運動や行動範囲の制限を受けていた.この患児に ①漏斗胸術後の矯正状態の維持・改善 ②運動能力(持久性)やQOLの向上 ③感染予防 を目的に理学療法を行った.胸部再陥没の改善は見られなかったが,訓練を開始してからは急性増悪は少なくなり,歩行距離や歩行時間が延長し持久力の改善が見られた.慢性呼吸不全となるBPDに対して早期に自己管理や運動指導をすることで急性増悪の危険性を少なくする事ができ,活動範囲が広がると考えられる.
キーワード: 気管支肺異形成(BPD) / 漏斗胸 / 呼吸理学療法
URI: http://hdl.handle.net/10069/18277
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第11巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18277

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace