DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University > Volume 11 >

内科病棟看護婦のMRSAの鼻腔内保菌状況


File Description SizeFormat
iryou11_00_18_t.pdf257.45 kBAdobe PDFView/Open

Title: 内科病棟看護婦のMRSAの鼻腔内保菌状況
Authors: 吉野, さよみ / 内野, 朋子 / 大田, 真澄美 / 小林, 初子 / 福山, 由美子 / 浦田, 秀子 / 田代, 隆良
Issue Date: 25-Mar-1998
Citation: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1998, 11, p.95-96
Abstract: メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌患者のケアにあたる内科病棟勤務看護婦17名を対象に,鼻腔内のMRSA保菌状況について調査した.その結果,延べ62検体のうち10検体(16.1%)から黄色ブドウ球菌が検出されたが,すべてメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)であり,MRSAは検出されなかった.MSSAが検出された看護婦は17名中4名(23.5%)であった. 今回の結果から,私たちの病棟は感染防止に対する看護婦の意識も高く,感染防止マニュアルも比較的よく守られていることから鼻腔からのMRSA検出0%という結果につながったものと思われた.
Keywords: MRSA / MSSA / 鼻腔内保菌 / 院内感染 / 感染予防
URI: http://hdl.handle.net/10069/18278
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 11

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/18278

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace