DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第12巻 >

在宅酸素療法患者のADL評価と問題点の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou12_00_08_t.pdf752.57 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 在宅酸素療法患者のADL評価と問題点の解析
その他のタイトル: Evaluation of ADL and analysis of problems of patients under home oxygen therapy
著者: 押川, 陽子 / 松本, 麻里 / 勝野, 久美子 / 浦田, 秀子 / 石原, 和子 / 田代, 隆良
著者(別表記) : Oshikawa, Yoko / Matsumoto, Mari / Katsuno, Kumiko / Urata, Hideko / Ishihara, Kazuko / Tashiro, Takayoshi
発行日: 1999年 3月 2日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1999, 12, p.41-47
抄録: 在宅酸素療法(HOT)施行中の慢性呼吸不全患者8例を対象に,日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)を評価し,24時間経皮的酸素飽和度モニタリングにより,HOTの問題点を解析した。ADLは入浴,外出,階段で低下しており,HOTにより自宅療養が可能になったにもかかわらず,行動は制限されていた。QOLを向上させるためには,それぞれの患者の日常生活における問題点を考慮した治療とケアが必要であり,患者を支えるソーシャルサポートシステム作りも必要と思われた. / We analyzed the activities of daily living (ADL) and the quality of life (QOL) of eight patients with chronic respiratory failure under home oxygen therapy (HOT), and we also investigated the SpO2 of the patients using a pulse oximeter for 24 hours. The ADL was low at bathing, outing or going upstairs. Although patients became able to be treated at home by HOT, which limited the activities of patients in some occasion. To improve the QOL of patients, we should treat and care considering the individual problems of daily living, and a social support system is needed.
キーワード: 慢性呼吸不全 / 在宅酸素療法 / ADL / QOL / 経皮的酸素飽和度
URI: http://hdl.handle.net/10069/18286
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18286

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace