DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第12巻 >

小離島における母子相談の内容-5年間の推移について-


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou12_00_15_t.pdf456.63 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 小離島における母子相談の内容-5年間の推移について-
その他のタイトル: Contents of mother - Child counseling on a small, remote island
著者: 荒木, 美幸 / 大石, 和代 / 岸, 英子 / 平山, のり子 / 松山, 恵美
著者(別表記) : Araki, Miyuki / Ohishi, Kazuyo / Kishi, Eiko / Hirayama, Noriko / Matsuyama, Emi
発行日: 1999年 3月 2日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1999, 12, p.77-81
抄録: 長崎県・大島村において,小児科医による乳幼児健康診査の実施前後における母子相談の状況と内容の変化について調査した.対象は63名である.その結果,母子相談件数は年々増加する傾向にあった.母子相談の内容については,1.症状・疾病に関するもの 2.発達・発育に関するもの 3.栄養・食事に関するもの 4.保育に関するもの 5.母親の健康・家族に関するものの5項目に分類でき,変化はみられなかった.しかし5項目ごとの相談内容は多様化してきており,今後はより個別的で幅の広い育児支援を行う必要があると考えられた. / Changes in the situation and contents of mother-child counseling before and after health guidance given infants by a pediatrician in Ooshima Village, Nagasaki Prefecture were examined. In consequence, the numbers of counceling sessions tended to increase. The types of mother-child counseling were divided into five categories : symptoms and sickness, healthy development and growth. nutrition and meal. day care, and health of the mother and family. Because the contents of each category vary markedly, it is necessary to provide individual and broad child care support.
キーワード: 大島村 / 母子相談 / 乳幼児健康診査 / Ooshima Village / mother-child counseling / health guidance infant
URI: http://hdl.handle.net/10069/18293
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18293

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace