DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第12巻 >

FIM (Functional Independence Measure ;機能的自立度評価法)によるADL評価の実用性の検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou12_00_21_t.pdf756.68 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: FIM (Functional Independence Measure ;機能的自立度評価法)によるADL評価の実用性の検討
その他のタイトル: The practicality of the Functional Independence Measure (FIM) for its clinical use
著者: 千葉, まさこ
著者(別表記) : Chiba, Masako
発行日: 1999年 3月 2日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 1999, 12, p.115-120
抄録: Disabilityに対する統一的な評価法であるFIMの臨床的実用性を検討するために,FIMを用いてADL評価を行った.対象は脳血管障害患者13例で,年令は64歳から89歳(平均年齢75.4歳),性別は女性7名,男性6名で,2週間隔で2回ADL評価を実施した. その結果,運動項目(Motor Items)では,セルフケア(Self-Care)のうちの食事(Eating)は自立度が高く,入浴(Bathing)は低い例が多かった.括約筋コントロール(Sphincter Control排尿・排便)も自立度が高かった. 一方,認知項目(Cognitive Items)では理解(Comprehension)と表出(Expression)の自立度が高かった. 実際の評価に要した時間は1回当たり約20分であった。 アンケートによると,FIMは,マニュアルがわかりにくいので使用しないという意見があるが,臨床的に実用可能であり,今後積極的に使用されるべき評価法と考えられた. / We studied 13 patients of cerebro-vascular accidents using the FIM Scale for it's evaluation of the Practicality for clinical use. It seems to be necessary to have a uniform scale to describe and communicate about Disability in Medical Rehabilitation. The Functional Independence Measure (FIM) has been developed to offer a uniform method for describing the Severity of Disability and the Functional Outcomes of Medical Rehabilitation. Though the FIM has been used in more than 60% of U.S. Medical Rehabilitation Facilities and has been translated into several languages for international use, it is employed only in 19.5% as first choice in Japanese Medical Rehabilitation Facilities because of some difficult feel to deal. Most clinicians would prefer to use shorter scales rather than longer ones to assess their patients, if they are equally available. It is concluded that the FIM is not only a much easier scale than so far appreciated but a proper scale to assess the patients of cerebro-vascular accidents.
キーワード: ADL評価法 / FIM / CVA
URI: http://hdl.handle.net/10069/18299
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18299

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace