DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第13巻 >

Prevention of MRSA spread in the neurosurgical field


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou13_00_01_t.pdf270.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Prevention of MRSA spread in the neurosurgical field
その他のタイトル: 脳外科病棟でのMRSAの感染管理について
著者: Yoshitani, Sumako / Higasi, Mitiko / Nabekura, Akemi
著者(別表記) : 吉谷, 須磨子 / 東, 美知子 / 鍋倉, 明美
発行日: 2000年 3月24日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 2000, 13, p.1-4
抄録: 脳血管障害患者の入院する病棟で喀疾よりメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を検出した8例について院内感染対策について検討した.病床環境,医療従事者のMRSAによる汚染,患者の栄養状態を調査した.MRSA41株について保菌者の菌と環境菌との関係をPFGEのゲゲノムタイピングを行った.5ゲノムタイプに分類された.その結果,患者の喀疾により,常時病室環境・医療従事者は菌により汚染している.そのため日常的な感染対策をとる必要があると再確認できた. / Infection control was examined for 8 examples in which MRSA (Methycilin-Resistant Staphylococcus Aurous) from squint was detected in a neurosurgical ward. The stamp method was utilized for this MRSA infection research and analysis. Samples were gathered from a ward, patient environment and medical staff uniforms. After those samples were collected, they were cultivated and identified. In addition, a patient nutritional conditions were examined to evaluate the infection control. In order to identify the level of infection in patient environment, the PFGE genome typing was implemented for 41 MRSA stumps. The results were categorized into 5 genome types. The results suggested that a room environment and medical staff were infected by MRSA from patient squint. We were able to reconfirm that a daily infection measure and infection control need to be work out.
キーワード: MRSA / PFGE / patients with cerebral vasucular disease / neurosurgical field
URI: http://hdl.handle.net/10069/18304
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18304

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace