DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医療技術短期大学部紀要 > 第13巻 >

在宅自己導尿患者が体験する困難について


ファイル 記述 サイズフォーマット
iryou13_00_13_t.pdf595.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 在宅自己導尿患者が体験する困難について
その他のタイトル: Patients' Experiences under Clean Intermittent Catheterization
著者: 松本, 麻里
著者(別表記) : Matsumoto, Mari
発行日: 2000年 3月24日
引用: 長崎大学医療技術短期大学部紀要 = Bulletin of the School of Allied Medical Sciences, Nagasaki University. 2000, 13, p.79-84
抄録: 清潔間欠的自己導尿(以下,自己導尿)を行う患者28例に対し,自己導尿開始後の体験について面接調査を行い,在宅療養時,患者が体験する間題と看護支援について検討した.その結果,合計124項目,自己導尿を肯定的にとらえた体験4カテゴリー,否定的にとらえた体験8カテゴリーが抽出された.否定的にとらえた体験の中で項目数,症例数が多かったのは『排尿障害および自己導尿に対する心理的不適応』,『社会生活における不適応』であった.自己導尿患者は失禁や頻尿が改善した一方で,心理・社会的に困難な体験をしており,適切な情報提供や継続支援を行う重要性が示唆された. / The Purpose of this study was to identify the experiences of patients under Clean Intermittent Catheterization (CIC). Twenty eight patients under CIC were interviewed and the results from a hundred twenty four items were qualitatively categorized into twelve experiences . The high frequency of experiences were " Difficulty in social adaptation " and "Difficulty to accept the urinary disturbance and CIC". Nurses may have to assist patients under CIC continuously to develop more effective coping with these difficulties.
キーワード: 排尿障害 / 清潔間欠的自己導尿 / 面接調査
URI: http://hdl.handle.net/10069/18316
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18316

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace