DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

出島の商館長邸横の日本庭園から大浦居留地方面を望む


ファイル 記述 サイズフォーマット
5865.html483 BHTML本文ファイル

タイトル: 出島の商館長邸横の日本庭園から大浦居留地方面を望む
作成者: ミルトン・ミラー
発行日: 2008年 7月 4日
時代: 1861-62?
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 安政5年(1858)の開国条約締結直後の1862年、長崎を訪問したミルトン・ミラーが撮影した、長崎の最も古い風景写真のなかの1枚。当時出島の南側中央のオランダ商館長邸を訪問したと思われるミラーが、屋敷横の日本庭園から、第二次埋め立てが完了し建物が建ち始めた大浦居留地を遠望している。左の大きな白黒の柱はオランダ国旗の旗竿であり、右には妙行寺(当時イギリスの仮領事館)の屋根が見える。妙行寺横にはまだグラバー邸は見えない。ライデン大学に寄託されているボードウィン・コレクションにも同じ写真が存在する。 / This is one of the oldest scenic photographs of Nagasaki. It was taken by Milton Miller, who came to Nagasaki in 1862, not long after the opening of Japan's doors in 1859. Miller seems to have visited the residence of the chief factor at the Dejima Dutch Factory. Taken from the garden beside the residence, the photograph provides a distant view of the foreign settlement where the 2nd phase of land reclamation work had reached completion and houses were being built. The column on the left is a flag pole to raise the Dutch national flag. The roof of Myogyoji Temple (temporary British Consulate at the time) is visible. The Glover house has not been built yet. This photograph is also contained in the Bauduin Collection donated to Leiden University.
キーワード: 出島 / 港 / Dejima / harbour
URI: http://hdl.handle.net/10069/18526
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=5865
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 5865
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/18526

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace